埼玉県比企郡吉見町での瓦のご相談は有限会社松本工業へ
ガイドライン工法

ガイドライン工法

屋根瓦が耐風にも地震にも強いヒミツは「ガイドライン工法」

重くて災害に弱いと思われがちですが、実はガイドライン工法によって施工された瓦屋根は地震や台風にも強く、防災に優れたパワーを持っています(振動実験などでも実証済みです)。

また、断熱性や耐候性にもすぐれ、省エネルギー効果や維持コストの安さにも高い評価が与えられています。さらに、景観材として美しい街並みづくりには欠かせない素材としても定評があります。

かつては粘土で葺き固めていた瓦を、ガイドライン工法では釘や銅線、金具類を使って躯体と緊結します。このガイドラインは、平成13年に業界の基準として策定されました。確認されている耐震性能は、地震の影響を受けやすい「棟部」の場合で1G(980ガル)です。

  • ガイドライン工法の屋根瓦ガイドライン工法
  • 従来の屋根瓦従来の工法

上の写真は東日本大震災の屋根被害です。ガイドライン工法と思われる棟部は強い地震力で変形してしまいましたが、崩れることはありませんでした。従来の工法棟部では土の固着力が失われています。

ガイドライン工法は試験方法を定めているので、その試験に合格した工法であれば所定の性能が満たされており、様々なガイドライン工法があります。緊縮材が入っていない従来工法の場合、早めの点検をおすすめします。

地震対策も万全

瓦の屋根は地震に弱いというイメージを持たれる方が多いようです。しかし、現行のガイドライン工法で正しく施工された建築物であれば、たとえ阪神・淡路大震災や東日本大震災クラスの揺れでも安全であることが、専門機関による耐震テストで確認されています。建築基準法では、重い屋根でも軽い屋根でも、それぞれの重さに応じて設計されるので、完成した家の耐久性は同程度。むしろ重い屋根を支えるための柱や筋交い、壁などが地震の揺れに対して、より安全と言えるかもしれません。

PAGETOP
Copyright © 有限会社松本工業 All Rights Reserved.